保険のプロにも実力差あり

保険選びにプロを活用

トップ >> 保険のプロにも実力差あり

保険の選び方情報

保険の相談は相手を見極めよう

保険のプロといっても、知識や経験は人によって大きな差があります。人としての相性もあることでしょう。相談していくうえでこの人とは合わないと感じたら、他の代理店やFPにあたるのが賢明です。FPに有料で相談している場合は断りづらくなるので、どんな人物なのかという最初の見極めが重要になります。FPの場合は、代理店の提案が自分にとって最適かどうかを判断するためのセカンドオピニオンとして活用することもできます。自分がどのような医療保険を望んでいるかはっきりさせておけば、的確なアドバイスが受けられると思います。

相談する際の心構えとは

保険代理店やFPに相談しても、そこで契約を決める必要はありません。向こうとしても断られるのには慣れているでしょうから、多少図々しいくらいで丁度いいのではないかと思います。プロに教えてもらうのではなく、自分のために活用していくくらいの心構えがいいでしょう。掛金を払って保障を受けるのは他ならぬ自分なのですから、何もかも鵜のみにするわけにはいきません。どのような保障が自分に必要なのか、それをよくよく考えたうえで相談すれば、ベストな選択に近づけます。こうしたアドバイスが、保険を選ぶ際の参考になれば幸いです。